現場に発表に取材に

来週完了検査を控えている蒲田の現場。

書類のまとめや現場への指示など、検査前は忙しいです。

現場の方はキッチンが入ったりと、いよいよ仕上げ工事。

問題なく検査済証が交付されるよう準備していますが、大きな指摘がないよう祈るばかりです。

木曜日の夕方は、僕も登録しているアーキテクツ・スタジオ・ジャパンの交流会に参加。

住宅以外の実例を発表する時間があったのですが、火曜日に連絡があり、急遽僕を指名していただき発表を行うことに。

慌ててスライドをまとめ、蒲田の耐火ビルのお話しをさせていただきました。

聞いてくださるのはほとんどが先輩建築家。

経験も知識も僕よりずっと豊富な先輩方を前に話をさせていただくのは本当に緊張しました。。

実は11月に、ある協会主催のセミナーで30分ほど時間をいただき、今回と同じ耐火木造ビルの発表をさせていただく予定です。

慣れていない僕としては、今回の発表がよいリハーサルになったと思います。

スライドをブラッシュアップして臨みたいと考えています。

そして金曜日、建築業界に携わる人なら知らない人はいない、専門誌の取材を受けました。

蒲田の耐火ビルは既存杭を再利用しているのですが、その点を中心に記事にまとめてくださるそうです。

10月に発売されるのが待ち遠しいですが、ブログでもあらためてお知らせしたいと思います。お楽しみに。

さらに土曜日はウェブマガジン、100%lifeさんの自宅兼アトリエの取材。

自宅建設でこだわった点や、設計のポイントなどをヒアリングしていただき、各所撮影していただきました。

こちらは11月頃掲載していただく予定です。

とまあ本当に色々とあった先週でした。

来週は更に忙しくなりそうですが、楽しみな事も多いので、それらを励みに乗り切りたいと思います。

さんま祭り!

昨日、いつも来てくれる宅急便屋さんが事務所を訪ねてきたので、印鑑を持ってドアを開けると、手には発泡スチロールの箱が。

何ですかと尋ねたところ、生もののようですよ、と。

受け取ってみると、いつも本当にお世話になっている建て主さんから送っていただいた、さんまでした!

午後外出予定だったので、お仕事が終わったかなというタイミングでお礼の電話。

いつもの物腰の柔らかい話し声で、「少しばかりですが、いつも頼んでいるところに、良い型のものが入ったから食べてくださいね〜」なんて言っていただきました。

お礼をお伝えして、少しお話したあと電話を置き、冷蔵庫に入れていた箱を開封。

見るからに新鮮!型もしっかりしていて脂も乗っていそう!

早速妻といただいたのですが、さすが海の町に住む建て主さんオススメのさんま、最高に美味しかったです!

たくさんいただいてしまったので、我が家はこれから数日さんま祭り!

Sさん、いつも本当にありがとうございます!

木造建物見学会

昨日は(株)スリムテックジャパンさんにお声掛けいただき、ホームコネクターという金物を使った建物の見学会に参加しました。

ホームコネクターは木造部材の接合金物で、土台と柱、柱と梁、梁同士など、様々な使い方が出来ます。

今回は木造二方向ラーメンという、構造が特徴的な建物。

一般的な木造は、筋交いなどの耐力壁を配置しますが、ラーメン構造は柱と梁のみで構成する構造形式です。

建物は準耐火建築物で、構造的に必要な断面より一回り部材を大きくする、燃え代設計という方法で準耐火をクリアしています。

燃え代設計は、石膏ボードなどで耐火被覆をしないため、柱や梁をそのまま現しで見せることが出来ます。

柱梁が見えるという事は、接合部が見えるということ。

ということで、接合金物が見えない、ホームコネクター工法が採用された訳です。

設計者さんに現場の写真を載せて良いか確認出来なかったため、一般的なホームコネクター工法の写真を載せます。

柱と梁に取り付いているのがホームコネクター。

小さな径の金物はエポキシ樹脂の注入口です。

写真分かりにくいですが、、先程の穴にガンでエポキシを注入。8時間で規定耐力に達するそうです。

今までは中規模〜大規模の建物は鉄骨かコンクリートしか選択肢がありませんでしたが、やはり木造の大断面は良いですね。

技術的な発展もそうですが、クライアント側の理解が広まれば、ますます木造の建物が増えていくのではないかと思います。

良い刺激を受けた見学会でした。

休日らしい休日

今日は自宅で子供と遊んだり、片付けをしたりと、ゆっくり過ごしています。

少し前につかまり立ちを始めた子供。こうなると目が離せませんね。。

夏前に子供と一緒に布団で寝るようになったのですが、ベビーベッドがそのままだったので、本日いよいよ解体。

以外と大きく、片付けると寝室が広くなりました。

子供のお昼寝に合わせて一休みしていると、ブリちゃんも隣の窓辺に。

抱っこが好きではないブリちゃんですが、たまにこうして寄ってくると可愛いものです。

イエロー?カッパー?の眼と、丸っとした顔つきがいかにもブリティッシュショートヘアらしいです。

ゴードン・マッタ=クラーク展へ

仕事の合間を縫って、国立近代美術館で開催中のゴードン・マッタ=クラーク展を見てきました。

やはり目を引くのは、役目を終えた建物に孔を開けたり、真っ二つに分断するなどして、空間を劇的に変化させるビルディングカットシリーズ。

切り取られた壁や床、天井によって突然繋がれた、此方と彼方の空間。

ん、これはどうなっているんだ?と考えてしまいますが、模型と写真を見比べて納得。

写真からでも十分に面白さが伝わってきますが、実際に体験出来たらさぞ楽しいと想像しました。

それにしても、ゴードンってセンス良い人なんでしょうね。

手法は挑発的で過激かもしれませんが、この作品なんて、かなりかっこいい!

適当に孔を開けている訳ではなく、綿密に計画した上で作業に入るあたりも、作家としての構築の意思が現れていて素敵です。

凄く良い展示だったので、迷わず展覧会の冊子を購入。

週末じっくり読みたいと思います。