現場定例

木曜日は蒲田の現場定例。今日も3時間半みっちり打合せを行いました。

現場の方は、掘削と既存杭の削りが終わり、捨てコン打設の準備を行なっています。

ハシゴの横から垂れ下がっている黒い塊りは、電気と弱電の引込みケーブル。

基礎下を通して建物内に入れます。

設備図には描いてあったものの、実物を見るとすごい本数。迫力あります。

監理で重要なのが施工図の確認ですが、地下躯体を見終わり、鉄骨図のチェックバックをし、これからは昨日届いた木造軸組のチェックです。

検討事項もあるので、来週までにチェック、回答しなければ。

来週は捨てコン打設の後、いよいよ基礎の配筋が始まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です