アンカーボルト設置など

木曜日は蒲田の現場定例。

今日は午前中に現場事務所に立寄り、区役所に書類を提出、お昼を取って午後からの定例でした。

鉄骨と木造プレカットの施工図がまとまりつつあり、もう一息といったところ。

鉄骨造の上に木造が載るのですが、取合い部分に細心の注意を払って、何度も施工図の修正をお願いしています。

プレース受け金物とエレベーター受け材の支持をして、この部分の修正が終われば、図面承認が見えてきます。

施工者も設計者も大変ですが、ここはお互い妥協なしということで。。

現場の方は地中梁の墨出しが完了し、既存杭ベースの整形、鉄骨のアンカーボルトがセットされました。

前回も書きましたが、アンカーボルトを見ると太さに驚きます。

地上6層を支えるだけありますね。

午後は構造、電気、設備、サッシ、セキュリティの打合せと盛りだくさん。。

次々に各担当者が来てくれて打合せていく訳ですが、こちらは喋りっぱなしなので、徐々に疲れてきます。。

色々と決まっていくので良しとしますが、毎週なかなかハードです。

昼は現場近くの「ニイハオ」で。

羽根つき餃子発祥の店ですので、当然餃子(5個)をオーダー。美味いです。

急いで食べた訳ではないのですが、パリパリの羽根が口の中(上側奥)に刺さったようで、軽く血が出るアクシデントに見舞われました。。

一気に食べると刺さる事があるようですので、お気をつけください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です