ゴードン・マッタ=クラーク展へ

仕事の合間を縫って、国立近代美術館で開催中のゴードン・マッタ=クラーク展を見てきました。

やはり目を引くのは、役目を終えた建物に孔を開けたり、真っ二つに分断するなどして、空間を劇的に変化させるビルディングカットシリーズ。

切り取られた壁や床、天井によって突然繋がれた、此方と彼方の空間。

ん、これはどうなっているんだ?と考えてしまいますが、模型と写真を見比べて納得。

写真からでも十分に面白さが伝わってきますが、実際に体験出来たらさぞ楽しいと想像しました。

それにしても、ゴードンってセンス良い人なんでしょうね。

手法は挑発的で過激かもしれませんが、この作品なんて、かなりかっこいい!

適当に孔を開けている訳ではなく、綿密に計画した上で作業に入るあたりも、作家としての構築の意思が現れていて素敵です。

凄く良い展示だったので、迷わず展覧会の冊子を購入。

週末じっくり読みたいと思います。