【お問合せ〜プレゼンテーション】
お電話、メールにて問合せいただきましたら、こちらからお伺いするか、アトリエにお越しいただき詳しいお話を伺います。
(毎月第3土曜日、無料相談会を開催していますので、こちらにご参加いただいても結構です)

ご要望を詳しくお伺いし、計画地を確認させていただいた後、3〜4週間程度お時間をいただいて、計画案をプレゼンテーションさせていただきます。コンセプト、各階平面図、立面図、断面図、パース及び模型を用いて、計画内容をなるべく具体的に提案させていただきます。

【設計監理業務の流れ】
1.ヒアリング→現地調査→法規確認→プレゼンテーション
ご要望をヒアリングさせていただき、計画地の周辺状況や法規制を確認しながら、計画の方向性を検討していきます。最適と考えられる案を図面にまとめ、プレゼンテーションさせていただきます。

2.設計契約→基本設計
計画の方向性に同意いただきましたら、設計監理業務契約を交わします。
ファーストプレゼンテーションの案をより具体的にしていく作業で、平面及び断面計画、内観・外観のイメージや、使用する素材などについて、じっくり時間をかけて協議していきます。
空間のイメージを実現するための構造や、設備計画についても検討していきます。
基本設計が完了するタイミングで、工事費の概算見積りを作成します。
予算がオーバーしているようであれば、使用する材料を見直したり、場合によってはプラン修正を行うなどして予算内に収めます。

3.実施設計→建築確認申請
基本設計図面をもとに、建設会社が施工・見積りが出来る図面に仕上げていきます。
全体のイメージに合うような、ディテール、内外装材、設備機器類をこちらからご提案し、クライアントの意向も踏まえて、細かい部分まで決定していきます。
実施設計のまとめと並行し、お客様の代理人として、建築確認申請などの行政手続きも行います。

4.見積書の提出→金額調整→工事請負契約
実施設計図書をもとに見積書を作成し、金額調整を行います。
施工会社については、施工実績、コスト、技術力などを総合的に判断し、信頼して任せられる業者を提案いたします。
ご要望があれば複数社見積に参加してもらうことも可能です。
見積書出来上がると、工事費の調整を行い、工事価格に納得いただけましたら、工事請負契約を施工業社と交わします。
弊社は工事監理者として、立会わせていただきます。

5.工事着工→現場監理→お引渡し
工事が始まると、クライアントの代理人として工事の監理を行います。
図面通り工事が行われているか確認し、建築確認審査機関の検査立会い等も行います。
工事中は週に一日程度現場に足を運んでいますが、月一回程度お客様にも現場にお越しいただき、進捗を報告したり、現場を見ていただいたりします。
工事が完了すると、お客様、建築家、施工会社立会いのもと完成検査を行い、問題がなければ晴れてお引渡しとなります。