S邸リビングを中庭より見る。

内外同一タイルで床を仕上げ、幅5.5m×高さ6mの開口部を設けることで、内部空間と中庭空間が一体的に感じられるようなリビングとしました。

手前に見える1階のスペースが親世帯のリビング、2階は子世帯のリビングで、それぞれを分断することなく、大きな空間にそれぞれの居場所を作ることを意図しています。

スチールのフレームで軽快に仕上げた階段と、大きな吹き抜けの空間で、上下階を緩やかに繋ぎます。

「非日常の空間で暮らしたい」という建主さんの要望を叶えるため、照明は極力間接照明を用い、落ち着きと深みのある空間を目指しています。

works – S邸
 
 
 

works – House in Ninomiya

Atelier

lani ebisu

Konoji House

Ronoji House

lani ebisu